黒ずみには美白クリームで対処!【オススメは?】

黒ずみ対策として販売されている美白クリームも種類が豊富だと思います。

 

いざ黒ずみ対策として美白クリームを買って使ってみよう、となった時に種類が多すぎてどれがいいのか分からないとなることもあるでしょう。

 

黒ずみ解消に使う美白クリームはどういった基準で選ぶのが良いのでしょうか。

 

美白クリームに重要なポイントは3つ!

 

黒ずみ対策の美白クリームを選ぶ際に重要になってくるポイントは、全部で3つあります。

 

一つ目は、肌を守るバリア機能を回復させるための保湿成分です。

 

本来、肌は紫外線や刺激から身を守るために働いているバリア機能を持っているのですが、ドライスキンなど、肌が乾燥しているとこの機能がきちんと作用しなくなってしまいます。

 

バリア機能が働かないと、刺激を受けた際肌を守るためにメラニン色素が生成されやすくなり、ターンオーバーで排出しきれず黒ずみになってしまうという流れができてしまいます。

 

次に、ダメージを受けた肌の炎症を治すための抗炎症成分です。

 

黒ずみができてしまっている部分は、同時に肌のダメージによって炎症を起こしてしまっている場合があります。

 

ムダ毛処理を行う場所で黒ずみができてしまっている場合は、炎症を起こしていることを疑った方が良いでしょう。

 

炎症を起こしている場所に関しては保湿だけではバリア機能を回復させることができません。そのため、抗炎症成分が必要となります。

 

最後に美白成分ですね。

 

こちらは説明不用といった感じですが、黒ずみができてしまっている肌を正常な状態に戻すために必要になってきます。

 

あくまで保湿成分と抗炎症成分は肌の機能を正常な状態に戻し、健康的な黒ずみができにくい肌を作ることまでが役割ですので、黒ずみを解消する上では美白成分も必要不可欠です。

 

商品選びの際は成分表の確認が必須!

 

美白クリームとして売り出されているから、きっと効果があるんだと思って買うよりも先程紹介した成分にはどういったものがあるのかを理解して買った方が確実です。

 

美白クリームには成分表が商品裏に書かれていますので、それを見てから購入末うかどうかを決める方が無難です。

 

保湿成分の中で代表的な成分は、セラミドやヒアルロン酸といったものやコラーゲンがあります。

 

コラーゲンはよく目にするので購入の際の指標にしやすいかと思います。

 

抗炎症成分の中で代表的なものは、聞き馴染みのあるもので言うとカミツレエキスでしょうか。

 

他にはグリチルリチン酸やアラントインといった成分もあります。

 

美白成分の中で代表的なものは、プラセンタエキス、ビタミンCです。

 

プラセンタエキスは非常に高い美白効果が望めるので、購入する際はプラセンタエキスが入っているものはオススメできます。

 

また、美白成分としてハイドロキノンも話題となることがありますが、確かにハイドロキノンは美白効果が非常に高いです。

 

ですが、使う場所によっては非常に刺激が強いため、長期の使用に適していません。全身に使うことを考えるのであれば、ハイドロキノンが避けた方が良いでしょう。

 

オススメできる商品はヴィエルホワイトです。

 

ハイドロキノンは使用していませんし、ここまで紹介してきた成分のいくつかと、それ以外の保湿、抗炎症、美白に有効な成分が豊富に含まれています。

 

美白クリームを選ぶ際に参考になれば幸いです。