黒ずみがひどくて嫌!【陰部の対策方法ってないの?】

陰部の黒ずみケアはどうしていますか?見えないところですからケアしている人は少ないかもしれませんね。もちろん陰部のケアの仕方がわからないということもあるかもしれませんね。

 

それでは、陰部の黒ずみケアについてご紹介していきたいと思います。黒ずみケアで女子力上げていきましょう!

 

陰部の黒ずみケアを知っておこう

陰部を脱毛したら黒ずんできた、陰部が黒いと言われてしまったなんて経験はありませんか?陰部の黒ずみは女子としては、やはり気にすべきところですね。みんな陰部の黒ずみケアってどうしたらいいのでしょう。

 

陰部の黒ずみの原因の1つとして、下着の摩擦やゴシゴシと陰部を洗っていることが挙げられます。サイズが合わない下着を履いていませんか?お風呂に入った時に、陰部をゴシゴシとこすっていませんか?

 

このように陰部の肌を刺激することでメラニンが排出され、さらには角質が分厚くなってしまい、黒ずみがひどくなっていきます。

 

陰部のケアとして行うことは、こすれやすい下着を履かない、ゴシゴシ洗わないで優しく洗う、陰部をしっかり保湿するということですね。

 

陰部の脱毛による黒ずみケアも大切です。やはり脱毛も肌への刺激でメラニンが放出されて黒ずみが起きてしまします。脱毛後は、しっかりアフターケアをしてあげることが大切です。

 

陰部を清潔に保ち、しっかり保湿して潤いを与えてあげましょう。陰部にも使用できる保湿クリームやローションもあるので、探してみてくださいね。

 

陰部の黒ずみケアは内側からも

黒ずみの原因は、お肌のターンオーバーが乱れていることから起きています。新陳代謝が低下してしまい、メラニンが色素沈着を起こし、黒ずみができてしまうということです。

 

ですから、このターンオーバーを正常にしてあげるためには、食事からの栄養素がとっても大切になります。積極的に摂取するといいのが、たんぱく質、亜鉛、ビタミンですね。

 

たんぱく質は、新しいお肌を作るには欠かせない栄養素です。たんぱく質が不足してしまうことで、メラニンを体外に出すことができないのです。ですから、動物性(お肉やお魚)・植物性(大豆やイモ類)のたんぱく質を上手に摂り入れていきましょう。

 

亜鉛には、ターンオーバーを正常にしてくれる機能がありますよ。亜鉛が不足している人は結構多いのかもしれませんね。亜鉛は、陰部にできてしまった黒ずみに効果的だと言われていますよ。牡蠣やごま、カシューナッツなどに亜鉛が含まれています。

 

ビタミンA、B2、B6、C、Eにもターンオーバーや黒ずみへの効果がありますよ。これらの栄養素をバランスよく摂取することで、内側からの効果も期待できますね。

 

陰部の黒ずみは外側も内側からのケアができることがわかりましたね。外側からのケアには、美白クリームを使用するのもいいですね。陰部の黒ずみにはヴィエルホワイトが人気ですよ。

 

黒ずみには、日々の積み重ねが大切です。諦めずに、できることから始めてみてくださいね。