黒ずみとかゆみの関連性とは?【何か要因がある?】

もうそろそろ夏本番という時期ですし、衣替え、プール、海水浴などで肌を露出する機会も増えてきます。

 

いざ水着に着替えようと思った時に体に黒ずみがあったら、周りがどう思うかは別として個人的に気になりますよね。

 

黒ずみができる原因の一部は肌のかゆみにあります。

 

肌に黒ずみができる原因と、かゆみの関係について紹介していきます。

 

黒ずみの原因となっているもの

 

黒ずみとかゆみの関係を見ていく前に、まずは黒ずみが何からできているのかを見ていきましょう。

 

肌は刺激を受けることでメラニン色素を生成します。

 

メラニン色素が生成される主な刺激は紫外線であり、シミの原因ともなるメラニン色素は肌を守るために生成されています。

 

本来であれば、メラニンは肌の代謝によって古い皮膚が剥がれる時に、一緒にアカとして剥がれ落ちます。

 

ですが、正常なバランスで代謝ができていないとメラニンの排出が間に合わず沈着してしまい、シミや黒ずみとなってしまいます。

 

肌のかゆみと黒ずみの関係

 

では、肌のかゆみと黒ずみにはどのような関係があるのかという話に戻りましょう。

 

先程の話の中で、肌は紫外線からの刺激を受けることによって、肌を守るためにメラニン色素を生成しているという話をしました。

 

この刺激は紫外線だけではありません。肌をひっかくことも大きな刺激となっています。

 

つまり、肌がかゆみを感じてしまい、耐え切れずにかきむしってしまうと、刺激を受けた肌がメラニン色素を生成する。

 

生成されたメラニン色素が本来なら代謝で排出されていくはずなのに、代謝のバランスが崩れてしまっているため、ターンオーバーが間に合わず黒ずみになってしまう。

 

このような流れになっています。

 

肌のかゆみはドライスキンや、これからの時期だと、汗疹も原因の一つとなってくると思います。

 

かゆみ止めを塗る等かかないための対処もできると思いますが、無意識のうちにかいてしまうこともあるでしょう。

 

かゆみを我慢できずに肌をかいてしまって黒ずみができてしまった、となった場合の対処法もご紹介します。

 

黒ずみへの対処法

 

黒ずみへの対処法としては、一番は肌のターンオーバーを正常に戻すことで、体外に排出してしまうことでしょう。

 

ターンオーバー正常に戻すためには食生活や睡眠時間を意識した規則正しい生活を送ること。

 

ストレスを溜めずに適度に発散できるような習慣を作ること。

 

この二点が必要になります。

 

しかし、人によって仕事であったり、生活の中で避ける時間というものは変わってきます。

 

規則正しい生活を送るのが厳しいと感じる場合は、化粧品を使って改善することを視野に入れてもいいかもしれません。

 

おすすめとして挙げられるのはヴィエルホワイトです。

 

先程の話の中でドライスキンもかゆみの原因の一つとなっていると出しましたが、保湿効果があるため対策ができますし、美白やアロマケアなど、黒ずみ対策以外にも効果があります。

 

生活習慣を整えることと並行して使ってみるのもいいかもしれません。