黒ずみをなんとかしたい【市販クリームでもOK?】

デリケートゾーンの悩みといえば、脱毛や黒ずみではないでしょうか。脱毛は多くの方が行っていると思いますが、この脱毛が黒ずみを悪化させてしまっている原因の1つでもあります。

 

脱毛はしているけど、黒ずみケアはどうしたらいいのか悩んでいる女性は多いと思います。デリケートゾーンの黒ずみケアといえば、やはり美白クリームを塗ることが効果的ですよね。

 

美白クリームはネットでの購入が多いのですが、市販クリームはあるのでしょうか?市販クリームがあった場合は、黒ずみが効果はどうなのか気になりますね。それでは、市販クリームについて調べてみましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみは市販クリームもある?

黒ずみをケアしてくれる市販クリームは、薬局やドラッグストアなどで取り扱いがあるようです。でも、市販で販売されている美白クリームの効果は、どうなのでしょう。

 

市販クリームは、デリケートゾーンの黒ずみケアに特化しているものではないということでした。市販クリームは、デリケートゾーン専用のクリームではないので、注意が必要です。

 

市販クリームをデリケートゾーンに使用をしたら肌トラブルがあったという口コミも見かけます。かぶれたり、赤くなったりと炎症が起きた人もいます。デリケートゾーンは、とても皮膚が薄いところですから、刺激を受けやすいのです。

 

ですから黒ずみにもなりやすく、肌トラブルも起きてしまいます。やはり市販クリームといっても、デリケートゾーン専用ではありませんので、使用するにはとても注意が必要だと感じます。もし肌トラブルが起こった場合は、使用をすぐに中止し、皮膚科を受診するようにしてくださいね。

 

デリケートゾーンの黒ずみケアは専用クリームを

市販のクリームを使用して、お肌の状態が悪化しては意味がありませんね。美白クリームを選ぶときには、選ぶポイントがあるのでご紹介します。

 

@美白成分:医薬部外品として、認可を受けているものを選びましょう。「トラネキサム酸」が配合されているものがオススメですよ。

 

A肌状態を良くする成分:黒ずみの原因とも言われる、ターンオーバーの乱れ。新陳代謝が低下すると、メラニンが色素沈着を起こして黒ずみができます。ですから、お肌の状態を整えてくれる薬用成分が配合されているものがいいですね。

 

「グリチルリチン酸K2」は、肌荒れを防いでくれますし、改善する効果もあると言われていますよ。お肌への刺激も少ないので安心です。

 

B保湿成分:お肌の乾燥していると、やはり刺激を受けやすくなり傷つき、黒ずみができてしまいます。しっかりと保湿してあげることが大切ですね。保湿ができていると、美白成分も浸透しやすい効果があるので、保湿成分は必須ですね。

 

C肌への刺激が少ないもの:できれば無添加のクリームを選んであげましょう。なるべくお肌に負担をかけないものがいいですね。継続的に使用するので、お肌に優しい成分ということがポイントです。

 

デリケートゾーンに使用する美白クリームは、ご紹介したポイントを押さえて選ぶことが大切です。市販クリームではなく、専用のクリームを使ってあげてくださいね。

 

おすすめは「ヴィエルホワイト」です。無添加、美白成分のトラネキサム酸、保湿・エイジングケア成分が配合されていますよ。ヴィエルホワイトで、しっかり黒ずみケアをしてみては?