黒ずみを薄くするにはどうすれば?【オススメの方法とは?】

デリケートゾーンの黒ずみ気になりませんか?陰部やビキニラインなど、女性なら気になる場所ですよね。水着になる季節には、黒ずみを解消したいところです。でも黒ずみって薄くするために、どんなケアをしたらいいのでしょう。

 

できてしまった黒ずみを薄くすることはできるの?また、黒ずみを今より悪化させない対処法などはあるのでしょうか。デリケートゾーンの黒ずみ対策についてご紹介していきたいと思います。

 

黒ずみは薄くすることができる?

デリケートゾーンの黒ずみは様々な刺激を受けていることが原因です。下着の擦れや、通気性、脱毛、他にはホルモンバランスの関係が挙げられます。

 

デリケートゾーンの皮膚はとっても薄いため、ダメージが受けやすい部位なんです。刺激を受けることでメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーが乱れてしまうため黒ずみが悪化してしまうのです。

 

では、そんな黒ずみを薄くすることができるのでしょうか?先ほども述べたように、デリケートゾーンの皮膚は薄いため、しっかり保湿をして潤いを与えることが大切です。乾燥していることで、刺激を受けると傷つきやすく、黒ずみができてしまいます。

 

ですから黒ずみを薄くするためにも、しっかり保湿剤を使ってあげることです。デリケート専用の保湿剤、美白美容液などが多く出ています。なるべく肌に刺激が少ないもの、無添加のものを選んであげましょう。

 

黒ずみを薄くする対策

では、黒ずみを薄くする対策としてはどんなものがあるのでしょうか。@下着で締め付けないことです。自分の下着のサイズをチェックしてみてくださいね。あとは通気性の良い下着を選んであげることで、肌への刺激も少なくムレたりもしませんね。コットンやシルク素材などがオススメですね。

 

Aデリケートゾーンが黒ずんでいるからといって、ゴシゴシ洗っていませんか?洗いすぎることで、肌が刺激されて黒ずみの原因に。また、常在菌までも落としてしまうためニオイの原因ともなりますよ。

 

Bムダ毛の処理の仕方にも注意をしましょう。なるべく肌に負担をかけずに、デリケートゾーンのムダ毛の処理を行うには、ペンタイプの電気シェーバーがオススメです。処理後もしっかり保湿することが大切ですよ。

 

Cターンオーバーを正常にするためにも、たんぱく質・亜鉛・ビタミンを積極的に摂取するように心がけましょう。体の内側からも黒ずみを薄くするためにも、バランス良く栄養を摂りましょう。

 

このように黒ずみを薄くする対策は、ちょっとしたことから始めることができるのではないでしょか。やはりデリケートゾーンの黒ずみには、肌への負担を軽減してあげることが大切ですね。

 

なるべく刺激を与えないように、生活を見直してみてはどうでしょう。また、保湿も大切ですから、デリケートゾーン専用の保湿剤を使用してあげましょう。

 

保湿もできて黒ずみ対策もできるヴィエルホワイトがオススメですよ。無添加ですから安心して使えます。