黒ずみがVラインにできてしまった!【対処法はない?】

もうすぐ海やプールへ行く本格的な夏の時期になります。

 

せっかくだから楽しみたいけれど、Vラインの黒ずみが気になって、思うように楽しめないとなると勿体ないですよね。

 

Vラインの黒ずみは夏の時期の楽しみを邪魔する大敵です。水着を着て楽しみたいシーンや温泉でゆっくりしたいシーンでも周囲の目が気になってしまったら楽しめません。

 

Vラインの黒ずみ改善にはどういったケアの仕方や対処法があるのでしょうか?

 

クリニックはオススメではない?

 

今回は長期でVラインの黒ずみを解消するのではなく、短期でVラインの黒ずみを解消していく方法を見ていきます。

 

黒ずみの悩みを解消するために使える手として、クリニックに通うという手もあります。しかし、クリニックに行くことはあまりオススメできません。

 

確かにクリニックでの治療はレーザーを使いますので確実ですし、効果も高いでしょう。

 

ですが、治療費が高額であることと、肌の負担を考えるとあまりいいものとも言い切れません。

 

それに、元々悩みの一つとして黒ずみを見られたくないというものがあるのに、黒ずみのある部分を見せる必要があるというのも勇気がいることだと思うのでオススメできない点の一つです。

 

皮膚科で薬をもらって解消するという手もあります。しかし、こちらも場合によっては薬による副作用が起こることもあるので、強くオススメできるわけではありません。

 

ではどの方法がオススメできるのかと言えば、市販されている化粧水や美白クリームを使って黒ずみ対策をすることがオススメできる方法となります。

 

市販の商品でVラインの黒ずみを解消!

 

最近は美白クリームや黒ずみ対策の商品もいくつか出てきています。効果がいいという口コミがあるものもありますから、レーザーなどの負担がかかりそうな方法をとる必要もありません。

 

肌の悩みを解決しようというのに肌へダメージを与えるような解消方法を選ぶことも気が引けてしまいます。

 

さて、美白クリームなどは種類もたくさんありますから、ここからはこういう成分が入っているものを選んだ方が良いというものを紹介していきます。

 

必要になってくるのは、保湿成分、抗炎症成分、美白成分の三点です。

 

保湿は黒ずみの元となるダメージを軽減するため、抗炎症成分は黒ずみができた場所の炎症を治すため、美白成分は黒ずみのケアのためそれぞれ必要になります。

 

保湿成分の中で代表的なものは、ヒアルロン酸やコラーゲン。

 

抗炎症成分の中で代表的なものは、グリチルリチン酸やカミツレエキス。

 

美白成分の中で代表的なものはプラセンタエキスやビタミンC。

 

この他にも効果のある成分は様々ありますが、一先ずの商品選びの指標として、これらの成分が含まれているかを確認しておけば使用の際に効果が出てくるはずです。

 

おすすめの商品としてはヴィエルホワイトです。

 

今まで紹介してきた保湿、抗炎症、美白のそれぞれに対応した成分が含まれているので、複数の商品を使う必要もありません。

 

商品選びの参考としてどうぞ。