黒ずみが脇に!【なんとかならない?】

黒ずみは体のどの部分にあったとしても気になるものかと思いますが、特に気になるのは脇ですよね。

 

夏には水着を着る機会もあるでしょうし、脇を出すのに黒ずみがあっては周囲を気にしてしまって中々思うよう楽しめなくなってしまいます。

 

しかし、どうにか脇の黒ずみを無くすためのケアを試みても、時には悪化してしまい、余計に悩みの種となってしまうこともあります。

 

正しい脇の黒ずみケアはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

脇が黒ずんでしまう原因

 

そもそも黒ずみができる原因には刺激を受けた肌が、肌を守るためにメラニン色素を生成、メラニン色素がきちんと排出されず沈着してしまったものが黒ずみとなるという流れがあります。

 

刺激というものは紫外線から衣類による擦れ、肌をひっかいてしまうと言ったようなことまで様々です。

 

脇の場合はムダ毛処理に用いるカミソリや毛抜き、レーザー脱毛と言ったものも刺激になって、黒ずみの原因になります。

 

そして、黒ずみができてしまったから改善しようとスクラブ入り洗顔料を使ってゴシゴシと脇をこすること。

 

改善するためにやっていることとはいえ、こちらも黒ずみを悪化させる原因となります。

 

ここまでは刺激の話でしたがここからは毛穴が詰まってしまうことによって黒ずみができてしまう原因を紹介します。

 

毛穴に詰まってしまった汚れなどが酸化することで、毛穴の黒ずみが起きてしまう訳ですが、夏場は毛穴の詰まりが特に起きやすい時期と言えます。

 

夏場は汗をかいた時、あるいは汗の予防や匂い予防のために制汗剤を使うことが増えると思うのですが、制汗剤は種類によっては毛穴を塞いでしまうことになります。

 

毛穴を塞いでしまう原因になるのは、パウダータイプのスプレーとクリームタイプの二種類です。

 

皮脂などの汚れ同様、毛穴を塞いだ制汗剤は他の汚れとくっついて酸化し黒ずみになってしまいます。

 

なので、制汗剤もシートタイプなど選ぶ際には注意しておく必要があるでしょう。

 

脇の黒ずみの解消方法

 

各部位の黒ずみケアでも同じことが言えますが、一番理想的なのは肌のターンオーバーを正常な状態に戻すことです。

 

ターンオーバーが乱れていると、生成されたメラニン色素がうまい具合に排出されていかずに沈着してしまうので、根本的な解決としてはこの乱れを解消することでしょう。

 

ターンオーバーを活発にするためにはコラーゲンが有効です。肌の状態も良くしておくとよりいいので、合わせてビタミンA、ビタミンB、ビタミンCなども摂取することが好ましいです。

 

とはいえ、食生活や生活習慣の中でターンオーバーの状態を正常な形にするには少々時間がかかります。

 

短期間で脇の黒ずみを治したいという方は、化粧品を使って改善することが手っ取り早いです。

 

おすすめはヴィエルホワイトです。

 

保湿や美白などに効果が有り、デリケートゾーンの黒ずみ解消を謳っている商品ですので、脇にもかなり効果があると思います。

 

夏本番まであと少し、後悔しないようにケアをしてみてください。