黒ずみ対策のホワイトニングのやり方【正しい手順で行おう】

肌の黒ずみが気になって、対処しているのに一向に良くならない。こんな悩みを抱えたことはありませんか?

 

もしかしたら黒ずみ対策のホワイトニングのやり方を間違えてしまっている可能性もあります。

 

黒ずみの対策を間違えると、かえって黒ずみが悪化してしまう可能性もあるので、きちんとしたホワイトニングの方法を知っておいて損はないでしょう。

 

そもそもの黒ずみの原因

 

ホワイトニングの方法を見ていく前に簡単にですが、黒ずみの原因となっているものを説明しておきます。

 

肌は紫外線やひっかく解きのような刺激を受けることで、肌を守るためにメラニン色素を生成します。

 

生活習慣がきちんとしていれば、肌の代謝の中でアカとなって体外に排出されるのですが、生活が乱れているなど、代謝がきちんと行われないと、黒ずみになってしまいます。

 

黒ずみになりやすい場所としては、肌の中でも刺激や摩擦に弱い部分、デリケートゾーンは特に黒ずみになりやすいようです。

 

また、ホルモンバランスの乱れによって肌のターンオーバーが乱れてしまう場合もあるので、その場合にも黒ずみができてしまう可能性はあります。

 

では、ホワイトニングにはどういったことが有効なのか見ていきましょう。

 

黒ずみの対策

 

最初に対策として紹介するのは洗い方です。

 

体を清潔に保つためにしっかり体を磨いたり、においが気になりそうな部分を重点的に洗ったりと多くの方はしているかもしれません。

 

しかし、強くこすることが逆効果になってしまい、黒ずみができる原因となります。

 

肌の弱い部分は、よく泡立てた石鹸等で軽く洗うくらいで、古い角質や毛穴の汚れも落とすことができるので、力強くこする必要はありません。

 

次に保湿です。黒ずみができている場所は刺激を受けることが多い場所となっているので、乾燥していることが多いです。

 

また、ドライスキンもかゆみを伴うので新しい黒ずみの原因になる可能性があります。クリームなどを塗ることで保湿するのも黒ずみ対策として役に立ちます。

 

最後は肌のターンオーバーを元に戻すことです。

 

長期的な見方をするのであれば健康にも影響するので、こちらのターンオーバーを正常な形にすることが一番オススメかもしれません。

 

建康に影響すると言っても、ターンオーバーを元に戻すことイコール体にも良い習慣になるということですのでそれ程重い話ではありません。

 

ターンオーバーが乱れる原因になっているのは、過度なストレス、食生活の乱れ、睡眠不足というように日常生活に直接関係があるものばかりです。

 

ストレスはため込まず適度に発散、睡眠不足はできる限り避けるようにし、食生活も栄養をバランスよく過食、少食になりすぎないちょうどいい具合にする習慣を続けてみてください。

 

しかし、忙しい生活では中々乱れた習慣を正常な形にするのは難しいと思います。

 

そんな時には、市販されている医薬品や化粧品のようなものを使って、一日の内の短時間でホワイトニングを行うこともできます。

 

化粧品には様々ありますが、おすすめはヴィエルホワイトですね。

 

先程、保湿がホワイトニングに保湿が有効と紹介しましたが、ヴィエルホワイトは保湿をしっかり行ってくれるので効果的なホワイトニングができます。

 

対策用品に迷っていたら、選択肢の一つとして考えてみてください。